抜糸

03 /27 2016
またまた、10日ぶりです(・・;)

先日の23日、無事にゆきの抜糸が済みました。

前日のお腹の様子



傷口もお腹の剃刀負けもきれいです!

ただ、抜糸の時はまいりました…

おとなしくしてくれるか心配はしていましたが、

まさかと言うほど、大暴れ(_ _;)

たった5kgの小さな身体のくせに、3人がかりで押さえ込みでした

それでも何とか、無事に終了! 終わった後は、同一犬物とは思えないほど

愛想を振りまいてました(・・;)

家に帰ってからも終始、くつろぎ全開!



そして、笑顔!



次は、フィラリアと狂犬病のお注射だね!


スポンサーサイト

避妊手術

03 /17 2016
年度末の忙しさに取り紛れていたら、あっという間に2週間のご無沙汰に

なってしまいました(_ _;)

この間の一大イベントは、やっぱり、ゆきの避妊手術でしょう!

3月11日、震災の日にopeとなりました。

通常の避妊手術は、卵巣と子宮全摘出となりますが、傷口も大きく

身体への浸襲も大きい…でも、避妊だけなら、卵巣摘出だけで十分では?

卵巣摘出のみで、その後子宮の病気を発症した例は1割未満の数例のみ

という主治医の話から、相談の結果、卵巣摘出のみを選択しました。

当日の朝、病院に預けて、夕方お迎えです。

院長先生の方針で、基本的には入院はなしです。(希望すれば、できますが)

手術は、無事に成功しました。
でも、ope後の説明によると、脾臓の位置が

普通とは少し違ったようです。手の奇形と関係あるかは不明ですが…

手以外の内臓等に奇形があるかも…というのは覚悟してましたので、

別段驚きはしませんでしたが、脾臓を傷つけないようにopeに苦労して

くださった先生には、申し訳なかったですm(__)m

でも、とりあえず他には問題もなく帰宅! 

帰宅後、水分摂取で問題ないのを確認して、夕食です。

実は、ope数日前から食欲低下?があって、ごはんを目の前にしても

遊んでしまって30分くらい食べずに遊んでしまう…ということがあった

ので、食べてくれるかな?…と思ったのですが、前日の夕食を最後に絶食

していたせいか、ope後、初の食事はぺろり! 翌朝もぺろり!

その後も、全く問題なくぺろりの連続!…これは、まずい…


避妊手術後ですから…体重管理が大切です!

ということで、ope後から療法食に変更しました(・・ ;)



ope当日夜、ゆきのお腹の傷です。毛を剃ったところが一部カミソリ負け

してますが、創部はきれいです。

カラーはしませんでしたが、傷を痛がることもなく、舐めることもなく

良い子ちゃんで過ごしています。

最後に、ope当日の夜、あまりに元気に動き回るので、ハウスに入れたら

この顔です…(_ _;)











ゆきの手

03 /05 2016
ゆきが保護されるきっかけとなった手の先天性奇形

十数年のお付き合いをさせていただいている主治医の先生も

今まで見たことない奇形だと驚いていました。



肘(?)の先に大きなコブのような指(爪付き)

先端は、指がくっついて肉球はほんの少しだけ…爪は2本

腕全体は動かせますが、手として機能はほとんど果たせません。

骨型ガムを押さえたり、少し身体を支えたり、は少しできます。

だいぶ筋肉がついてきて、走るときは3本足で走ります。

歩くときは、どうしても右足をついてしまうので、姿勢は悪くなります。

車いすに乗せると、ちゃんと自分で右足を足載せに置いて歩きます。

ただ、車いすなしで手をついてしまうと、手先の部分が擦れてしまいます。

それを考えると「切断しては?」という意見もいただきますが、

私は切るつもりはありません。 これもゆきの個性!

意外と、不自由でかわいそうと思っているのは人間だけで、

本人はさほど気にしていないので、ゆきの犬権?を守ってあげたいと

思っています。








らん&ゆきママ